子宮頸がんが再発転移しやすい場所とその症状

子宮頸がんも、他の多くのがんと同様、再発や転移することがあります。再発とは、いったん治療したがんが再び現れることで、転移は、もとの病巣とは違う部位にがん細胞が運ばれて増殖することです。

子宮頸がんの再発は、骨盤内にできる「局所再発」が多くみられますが、人によっては血液やリンパを通して遠隔転移することもあります。特に腺がんは、遠隔転移しやすいタイプです。

子宮頸がんはどのような臓器に再発・転移しやすいのか、またその時にどのような症状が出るのかなどについてご紹介していきます。

子宮頸がんが局所再発しやすい部位

いったん手術などで治療した後、再びがんが現れることを「再発」といいます。

手術では、もちろんすべての病巣を切除することが基本なのですが、がん細胞は目に見えないため、まだ小さいうちは正しく確認することが困難です。

手術の時には見えなかったがん細胞が、時間の経過とともに成長して再び現れてくると、再発ということになります。

がんの再発には、もとの病巣の近くに現れる「局所再発」と、遠く離れた部位に現れる「遠隔転移」の2種類がありますが、子宮頸がんは骨盤内の局所再発が多いがんです。たとえば以下のような部位に多く再発します。

子宮頸部や膣

手術で温存した子宮頸部や膣に再発するケースです。特に、手術で切除した断端部に再発するケースが多くみられます。

膀胱や尿管

膀胱は子宮の前側にある臓器ですので、子宮頸がんが広がりやすい部位です。また、腎臓から膀胱へと尿を運ぶための「尿管」に再発することもあります。

直腸

大腸の中でも、肛門に近い直腸は、ちょうど子宮の後ろ側にあるため、ここもがんが浸潤しやすいところです。

子宮頸がんが局所再発した時の症状

子宮頸がんが骨盤内に局所再発した場合、以下のような症状が現れることがあります。

おりものの増加や不正出血

子宮頸部や膣に再発した場合、初発の子宮頸がんと同様、おりものの変化や不正出血などが起こりやすくなります。手術後にこうした症状が気になるようになったら、念のために受診するようにしましょう。

尿量の減少や血尿

子宮頸がんが膀胱や尿管に再発した場合、血尿や排尿痛などの尿の異常がみられるようになります。

特に注意が必要なのは、がんで尿管が圧迫されることで腎臓が腫れる「水腎症」です。水腎症になると、腎臓が尿でいっぱいになり、圧力が高まって腎臓の組織がダメージを受け、最終的には腎機能が失われてしまいます。

子宮頸がんの手術後に、尿量の減少や、わき腹〜下腹部にかけての痛みなどが起きた場合は、すみやかに受診することが大切です。

下血や血便

子宮頸がんが直腸に再発した場合、便の異常が多くみられます。たとえば排便の際の下血や、血の混ざった血便などが代表的です。また便が細い、残便感があるなどの排便障害が出ることもあります。

子宮頸がんの手術後に上記のような症状が現れた場合は、骨盤内での局所再発を疑うためにも、早めに病院で検査を受けるようにしましょう。

子宮頸がんが遠隔転移しやすい部位

子宮頸がんの再発は、局所再発が多いのですが、人によっては遠隔転移することもあります。

ステージとしては、もっとも末期にあたる「WB期」です。特に、腺がんと呼ばれるタイプでは遠隔転移のリスクが高いとされています。

子宮頸がんが遠隔転移しやすいのは、以下のような部位です。

肺は全身の血液が通る場所のため、あらゆるがんが転移しやすい臓器です。子宮頸がんも、血液によって遠くまで運ばれて肺に転移することがあります。

肝臓

肝臓も血液の要所ですので、がんが転移しやすい臓器です。ただし、子宮頸がんが肝臓だけに転移することは少なく、多くは他の部位にも転移がみられます。

がん細胞が遠く脳まで運ばれて病巣を作ることがあります。ただし子宮頸がんが脳転移する頻度は低く、まれなケースです。

子宮頸がんが骨に転移することもあります。部位としては、大腿骨がもっとも多くみられます。

リンパ節

臓器のほか、子宮頸がんはリンパ節にも転移します。

最初は骨盤内のリンパ節に転移しますが、進行すると「腹部大動脈周囲リンパ節(傍大動脈リンパ節)」に転移することもあり、ここを通して全身にがん細胞が運ばれることがあります。

子宮頸がんが遠隔転移した時の症状

子宮頸がんが遠隔転移した場合、かなり進行するまで症状が出ないことも少なくありません。自覚症状のないまま、術後のフォローアップ検診で偶然に発見されるケースもあります。

しかし以下のような症状が出た時には、転移の可能性も考えて念のために受診するようにしましょう。

咳や胸痛、息苦しさ

子宮頸がんが肺転移した場合、肺がんと同じような症状が出るようになります。頑固に続く咳や胸の痛み、階段の上り下りなどですぐに息が切れる、などの症状です。

全身倦怠感、腹痛、黄疸

肝臓は「沈黙の臓器」の異名を持つほど症状が出にくいため、かなり病巣が大きくならないと症状が出ません。

体のだるさや疲れ、お腹の張りや痛みのほか、白目や尿、皮膚などが黄色っぽくなる「黄疸」症状が出た場合は、すみやかに受診しましょう。

めまい、頭痛、吐き気、言語障害など

脳転移では、脳のどこに転移したかによっても症状が異なりますが、頭痛や吐き気などが代表的です。

また手足が動かしにくくなる、言葉が出てこなくなる、記憶があいまいになるなど、部位によって多様な症状が考えられます。

骨の痛み、骨折

子宮頸がんが骨転移すると、その部位の骨がもろくなるため、強い痛みや骨折などが起こりやすくなります。

子宮頸がんの再発は、多くが5年以内(特に3年以内)に集中しますので、この間は医師の指示にしたがって定期的にフォローアップ検診を受けることが大切です。

それに加えて、上記のような症状が出た時はその都度受診するようにします。

がんの再発や転移については、現在の医療ではある程度病巣が大きくならないと正確に診断するのは難しいのが現状です。

むやみに心配しすぎるも逆にストレスとなってしまいますので、必要な検査をしっかりと受けることと、気になる症状を放置しないことだけ心に留めて、あとは前向きに明るく毎日を過ごすようにしましょう。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ