子宮頸がん再発時の治療法

子宮頸がんが再発した時の治療法には、「これ」と決まった標準治療はありません。

どこに何ヵ所くらいの腫瘍があるのか、また初回の治療でどのような治療法を行なったのか、などによっても治療法は変わってきますので、一人ひとりの患者さんに合わせた方法を考える必要があります。

一般的に、再発子宮頸がんでは化学療法と放射線療法が治療の中心です。ただし遠隔転移している場合でも、病巣の数が限られている場合は手術できる可能性もゼロではありません。

ここでは、子宮頸がんが再発した時に行なわれる治療法について詳しく解説していきます。

子宮頸がんが骨盤内に再発した時の治療法

子宮頸がんがもっとも再発しやすいのは、骨盤内です。子宮頸部や膣、また子宮と隣り合っている膀胱や直腸などに多くみられます。このような局所再発の場合には、おもに以下のような治療法が選択されます。

手術

たとえば、前回の手術で切断された断面にのみ再発している場合や、腫瘍のサイズが3センチ以下など小さい場合は、「骨盤除臓術」という手術の適応となります。

骨盤除臓術は、子宮や卵巣、卵管などのほか、必要に応じて膀胱や直腸などもすべて切除するという大がかりな手術で、それだけ後遺症のリスクも高くなりますが、再発例ではもっとも長期生存が期待できる治療の一つです。

放射線療法

手術が難しい場合は、放射線療法が検討されます。特に、初回の治療で放射線療法が行なわれていない場合は第一選択となります。

放射線療法は手術と同じ「局所療法」で、病巣をピンポイントで攻撃しますので、うまくいけば手術と同じ程度の効き目が期待できるからです。

特に病巣が膣壁などに限局している場合や、腫瘍のサイズが小さい場合は、生存率を大きく向上させられることもあります。

また、子宮頸がんでは「腹部大動脈周囲リンパ節(傍大動脈リンパ節)」に転移しているかどうかが、予後を左右する一つの大きなポイントとなりますが、このリンパ節に転移している場合も、放射線療法に一定の有効性が確認されています。

ちなみに子宮頸がんの放射線療法には、身体の外から照射する「外部照射(全骨盤照射)」と、腔内に直接、放射線を出す機械を入れて行なう「膣内照射」の2種類があります。

状態に応じて、外部照射単独もしくは膣内照射併用という形で行なわれることが一般的です。

同時化学放射線療法

局所再発した子宮頸がんの治療法としては、単独での放射線療法のほか、化学療法と組み合わせて行なう「同時化学放射線療法」もよく行なわれています。

子宮頸がんでよく行なわれる同時化学放射線療法は、「シスプラチン+フルオロウラシル+外部照射+膣内照射」という内容です。抗がん剤と放射線のW攻撃でがん細胞を叩くため、高い効果が期待できます。

化学療法

前回の治療で既に放射線療法が行なわれている場合は、「抗がん剤」が主な選択肢となります。放射線は、一生のうちで同じ部位に照射できる量が決まっているからです。

ただし、放射線治療を行なった後に再発した子宮頸がんは一般的に予後が悪く、抗がん剤の効き目も低いとされています。

それでも患者さんの全身状態が良ければ、化学療法で腫瘍を少しでも小さくすることが最善の治療になるため、症状の緩和と少しでも生存期間を延ばすことを目的として行なわれます。

また、初回治療で抗がん剤を使っていて、その効き目が良かった場合は、初回治療から6ヵ月以降の再発であれば、再び同じ抗がん剤を使うこともあります。

子宮頸がんの化学療法は、吐き気の強い「シスプラチン」を基本としたレジメンが多いため、あらかじめ制吐剤を使うなど、副作用対策をしながら行なわれます。

子宮頸がんが遠隔転移した時の治療法

遠隔転移した子宮頸がんでは、全身にあるすべての腫瘍を切除することはできませんが、転移巣が限られている場合は手術で摘出することがあります。

転移巣をなくすことができれば、末期であっても長く生存できる可能性はゼロではありません。

肺転移した場合の治療法

病巣の数やサイズが限られている肺転移は、手術の対象になることがあります。

子宮頸がんの場合、病巣が3個以下で、それぞれ散らばっておらず、腫瘍のサイズが3センチ以下、かつ扁平上皮がんの場合は、手術で予後が良好になるという報告があります。

手術が難しい場合は、化学療法が選択されます。

肝転移した場合の治療法

子宮頸がんが肝臓だけに転移することはまれで、多くは肺や脳など他の部位にも転移しています。そのため、肝転移に関しては手術ではなく、全身療法である化学療法を行なうことが一般的です。

肝転移した子宮頸がんの予後はあまり良くありませんが、抗がん剤で病巣が小さくなれば、延命効果が期待できます。

脳転移した場合の治療法

脳転移の腫瘍の数が3個以内であれば、「定位手術的照射」といって、1回の照射で治療が完結する放射線療法が行なわれます。

また場所によっては手術が検討されることもありますが、リスクも大きいため、実際に行なうかどうかは慎重な判断が必要です。

また4個以上の腫瘍がある場合、脳全体に放射線を照射する「全脳照射」を行ないます。

骨転移した場合の治療法

骨転移に対しては、放射線療法が効果的です。骨転移による痛みを緩和させるとともに、骨折リスクを低くする効果があります。

また、骨粗しょう症の治療にも使われる、骨の破壊を防ぐ「ビスフォスフォネート製剤」が使われることもあります。

上記のほかにも、モルヒネなどの鎮痛剤を用いた緩和ケアや、症状に応じた対症療法など、再発した子宮頸がんに対する治療法は色々あります。

一人ひとりの患者さんの状態や年齢などに応じて検討しますので、医師とよく話し合い、患者さんが納得できる治療法を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ