子宮頸がんの手術(膣式・腹式・腹腔鏡)

子宮頸部は下腹部にありますので、子宮頸がんの手術は、基本的には腹式手術(開腹手術)になります。

しかし、ごく早期の子宮頸がんで行なわれる「円錐切除術」など、一部の手術は膣式に行なうことが可能です。この場合は開腹の必要がありませんので、患者さんの体力的な負担も少なく済みます。

また、最近では子宮頸がんでも「腹腔鏡」を使った手術が行なわれるようになってきました。

子宮頸がんの腹腔鏡下手術は、まだ保険の適応外ですが、安全性と有効性がより確認されるようになれば、今後は保険適用になる可能性もあります。

子宮頸がんにおける、膣式・腹式・腹腔鏡の手術のそれぞれの特徴についてご紹介していきましょう。

子宮頸がんの「膣式」手術

子宮頸がんで膣式に行なえる手術としては、「円錐切除術」と「単純子宮全摘出手術」があります。

円錐切除術

0期〜TA1期など、ごく早期に発見できた場合に選択できる手術で、病巣を含めた子宮頸部を円錐状に切除します。子宮体部は温存できますので、これから妊娠や出産の予定がある女性には特に望ましい手術です。

円錐切除術ではリンパ節郭清なども必要ありませんので、膣式で十分安全に行なうことができます。

手順としては、「コルポスコープ(膣拡大鏡)」を使って病変の部位を確認しながら切除範囲を決め、メス(コールドナイフ)やレーザーメス、高周波電流を使った器具などで切除します。

その後、止血処置を行なって終了です。

以前は通常のメスが多く用いられていましたが、最近はより出血量の少ないレーザーや電流、超音波などを使った手術器具が広まってきました。

また、こうした新しい手術器具のほうが、通常のメスで切除した場合に比べて妊娠時の早産リスクも低いという報告があります。

このように円錐切除術は膣式に行なえる手術ですので、患者さんの身体的な負担が少なく、合併症や後遺症などもほとんどない点が大きなメリットです。

出血は1ヵ月程度続くことがありますが、入院期間は短く済み(平均2〜3日)、比較的早く日常生活に戻ることができます。

単純子宮全摘出手術

円錐切除術では病巣を取りきれない場合や、再発のリスクが高いと思われる場合、子宮をまるごと切除する「単純子宮全摘出手術」が検討されます。

子宮頸がんのほか、子宮筋腫の治療としても行なわれることのある手術です。

単純子宮全摘出手術は、もともと開腹手術が基本でしたが、近年は技術の進歩により、膣式に行なえるケースも増えてきました。

ただし膣式に行なうにあたっては、腹腔内に癒着がないことや、子宮のサイズが一定の大きさ以下であること、また膣に子宮を摘出できるだけの余裕があることなど、いくつかの条件を満たす必要があります。

手順としては、まず膣からメスを入れて子宮頸部の周囲に切り目を入れた後、子宮を支える靭帯を切除します。その後、子宮を回転させながら取り出し、傷口を縫い合わせるという流れです。

お腹に傷跡が残りませんし、開腹するより体力的な負担も少ない点がメリットですが、条件を満たさない場合は腹式手術が選択されます。

子宮頸がんの「腹式」手術

子宮頸がんで子宮を摘出する手術としては、子宮のみを切除する「単純子宮全摘出手術」のほか、より広めに膣壁を切除する「準広汎子宮全摘出手術」と、子宮に加えて卵巣や卵管、膣の一部まで広く切除する「広汎子宮全摘出手術」の3種類があります。

単純子宮全摘出手術は、前述したように条件によっては膣式に切除できることもありますが、より切除範囲の広い準広汎子宮全摘出手術と広汎子宮全摘出手術の場合は、腹式手術が基本です。

下腹部に縦方向にメスを入れ、そこから子宮やリンパ節などを切除して取り出します。

開腹するためお腹に傷跡が残りますし、出血量も多くなってしまう点がデメリットではありますが、実際に中の様子を見ながら手術ができますので、作業しやすい点がメリットです。

特に切除範囲が広ければ広いほど、作業も複雑になるため、視野が広く保てる腹式手術のほうが安全性は高いといえます。

子宮頸がんの「腹腔鏡下」手術

近年、多くのがんの治療において、腹腔鏡を使った手術(腹腔鏡下手術)が増えてきています。

腹腔鏡下手術は、腹部に数ヵ所の小さな穴をあけて、そこから腹腔鏡(内視鏡)や手術器具を入れて行なう術式です。作業は医療用のロボットが行ない、それを医師が遠隔操作で動かします。

腹式手術に比べて傷跡が小さく済みますし、出血量も抑えられるため、患者さんの負担が少ない点が大きなメリットです。

一方で、腹腔鏡に映し出される映像をモニターで見ながら作業するため、開腹するより視野が狭いことや、手術器具を動かせる範囲が限られている点などがデメリットになります。

実際、腹腔鏡下手術は医師の腕によるところも大きいとされている術式です。

最近、腹腔鏡下手術が保険適用となったがんが増えていますが、残念ながら子宮頸がんはまだ適用外となっています(子宮体がんは2014年4月より適用開始)。

受けられる病院も限られていますが、2014年12月から「腹腔鏡下広汎子宮全摘術」が先進医療の扱いになったため、今後さらに安全性や有効性が確認されれば、保険適用になる日が来るかもしれません。

子宮頸がんの腹腔鏡下手術では、腹部にあけた穴から手術器具を入れて、子宮やリンパ節、卵巣などを切除し、腹式もしくは膣式に取り出します。

ただし強い癒着が起きている場合などは、安全のために腹式手術に切り替えられることもあります。

このように、子宮頸がんの手術はアプローチの仕方によっていくつかの種類があります。

一人ひとりの患者さんのステージや、病巣の状況、身体的な条件などによって適応が変わってきますので、医師とよく相談の上、もっとも安全で有効な術式を選ぶことが大切です。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ