子宮頸がんのリンパ節郭清

子宮頸がんが進行すると、近くのリンパ節に転移することがあります。リンパ節に転移したがん細胞は、そこからリンパ管を通して全身のあちこちに運ばれてしまいますので、転移したリンパ節は切除(郭清)が必要です。

ただしリンパ節を郭清すると、リンパ液の行き場所がなくなるため、術後は「リンパ浮腫」と呼ばれるむくみが出やすくなります。子宮頸がんの場合は、外陰部や足、下腹部などがむくみやすい場所です。

子宮頸がんではどの部位のリンパ節郭清が行なわれるのか、またどんな場合に必要になるのかなどについて詳しく解説していきます。

がんの「リンパ節郭清」とは

リンパ管は、血管と同じように全身に張り巡らされている細い管です。

血管は栄養や酸素を体の隅々にまで運ぶ役割がありますが、リンパは血管からしみ出した不要な液体を流すための、いわば下水道のような働きをしています。

そしてもう一つ、リンパには「免疫によって異物を攻撃する」という大切な役割もあります。リンパ液の中には、白血球の一種である「リンパ球」が含まれており、それを使って細菌やウイルスを攻撃するのです。

リンパ管には、ところどころソラマメのような形をした「リンパ節」という場所があります。

外部からの異物がリンパに侵入してきた場合、それらをいったんリンパ節に集めておいてからリンパ球でまとめて攻撃し、それ以上先に進ませないようにするのです。

このような役割から、リンパ節は「リンパの関所」ともいわれています。

がん細胞も体にとっては異物になりますので、もちろんリンパ節で攻撃の対象となるのですが、何らかの理由でうまく排除できなかった場合、がん細胞がリンパ節で増殖してしまいます。

これが「リンパ節転移」という状態です。

リンパ節ががん細胞に乗っ取られてしまうと、そこからリンパ管をたどってどんどん遠くにがん細胞が移動していき、遠隔転移につながりますので、そうならないように転移の疑われるリンパ節は切除が必要です。

これを「リンパ節郭清」といいます。

子宮頸がんが転移しやすいリンパ節と、リンパ節郭清を行なうステージ

子宮頸がんも、進行するとリンパ節転移する可能性のあるがんです。

子宮頸がんの場合、「総腸骨リンパ節」「外腸骨リンパ節」「内腸骨リンパ節」「閉鎖リンパ節」「仙骨リンパ節」など、骨盤内にあるリンパ節への転移が多くみられます。

またU期以降のステージ(病期)になると、場合によっては、上のほうにある腹部大動脈周囲リンパ節(傍大動脈周囲リンパ節)への転移も疑う必要が出てきます。

前述したように、リンパ節転移しているとがんが遠隔転移してしまいますので、がんの手術の際は、リンパ節まで含めて切除するかどうかを検討する必要があります。

子宮頸がんの場合、「TA2期」以降はリンパ節転移の可能性を考え、念のためにリンパ節郭清を行なうことが一般的です。

特に、子宮頸がんの中でも「腺がん」はリンパ節転移しやすい性質があるため、より早期に発見できた場合でもリンパ節郭清を行なうことがあります。

ただしリンパ節転移しているかどうかは、患者さん一人ひとりによっても異なりますので、同じステージであっても、リンパ節郭清の必要のないケースもあります。

特に最近は、TA2期でも状態によっては円錐切除術の適応となり、リンパ節郭清や子宮の摘出が必要ないと判断されるケースも増えています。

子宮頸がんでリンパ節郭清した場合の後遺症

リンパ節郭清は、遠隔転移を防ぐために重要な治療の一つですが、「後遺症が残る可能性がある」点がデメリットです。

たとえ一部であっても、リンパ節を切除してしまうとリンパ液の行き場が失われてしまいますので、その部分がリンパ液でむくみやすくなります。これが「リンパ浮腫」という状態です。

子宮頸がんの場合、骨盤内のリンパ節を郭清しますので、足や外陰部、下腹部などがむくみやすくなります。

術後間もなくして現れる場合もあれば、数年たってから出てくる場合もあるため、長いスパンで経過を観察することが大切です。ただし人によっては、ほとんどむくみの出ないこともあります。

リンパ浮腫がある場合は、なるべくリンパの流れが良くなるように、普段から足を高くした状態で座る、ストレッチや軽い運動をする、などのセルフケアが必要です。

退院前に病院からもアドバイスがありますので、それにしたがうようにしましょう。

リンパ節郭清が必要かどうかを判断するための「センチネルリンパ節生検」

このように、リンパ節郭清を行なうと後遺症に悩まされる可能性があります。ですから、本当にリンパ節郭清が必要なのかどうかを正しく見極めることも大切です。

そのために行なわれる検査として、「センチネルリンパ節生検」があります。センチネルリンパ節とは、腫瘍のある部位から、がん細胞が最初にたどり着くリンパ節のことです。

手術の際、センチネルリンパ節を探して切除し、そこにがん細胞が転移しているかどうかを調べることを「センチネルリンパ節生検」といいます。その結果に応じて、リンパ節郭清を行なうかどうかを判断するのです。

子宮頸がんのガイドラインでは、まだセンチネルリンパ節生検は標準治療とはなっていませんが、行なうことで不必要なリンパ節郭清を避けられる効果が期待されており、今後はより積極的に実施される可能性も高まっています。

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ