子宮頸がん4つの切除術の効果と後遺症

子宮頸がんの治療の中でも、もっとも完治が期待できるのは手術です。子宮頸がんの場合、U期までに発見できた場合は、積極的に手術を行なうことが検討されます。

ひと口に手術といっても、術式はさまざまで、子宮頸がんの場合は「子宮を温存できる手術」と「できない手術」の2つに大きく分かれます。

さらに子宮全摘手術の中でも、「子宮のみを摘出する手術」と「より広範囲に切除する手術」があります。

ここでは、子宮頸がんで行なわれる4つの切除術について、それぞれの効果や後遺症などをまとめました。

子宮頸がんの「円錐切除術」

子宮頸がんの手術の中でも、子宮を温存できる唯一の術式が「円錐切除術」です。その名の通り、がんのある子宮頸部の組織を円錐状に切除します。

早期の子宮頸がんの場合、円錐切除術で病巣をきれいに切り取ることができれば、それで治療は終了です。

また腺がんなどの、膣から見えにくい部位にできたがんの場合、検査を兼ねて円錐切除術が行なわれることもあります。

円錐切除術が行なわれる時期

円錐切除術ができるのは、基本的に高度異形成〜上皮内がんまでの「0期」です。

また、T期の中でもがんが深さ3ミリ以内にとどまっている「TA1期」の場合は、円錐切除術を選択できる場合があるほか、患者さんの年齢や出産の希望なども考慮に入れて検討します。

円錐切除術の内容

円錐切除術は、膣式に行なわれる手術ですので、開腹の必要はありません。膣から手術器具を入れ、がんのある子宮頸部を円錐状に切り取ります。

通常のメスのほか、最近ではレーザーメスや、高周波電流を用いた器具を使うことも増えています。

手術後の後遺症

円錐切除術はリスクの少ない術式ですが、術後は出血や傷口の癒着などに注意が必要です。手術から1ヵ月間ほどは、少量の出血が続くことがあります。

もっとも気を付けたい後遺症は、子宮頸部の変形や狭窄です。特に、通常より深めに子宮頸部を切除した場合、月経の際に経血がうまく排出されなかったり、妊娠しにくくなったりすることがあります。

また妊娠後も、子宮口が開きやすくなる「頸管無力症」になる可能性があるため、その場合は妊娠中に子宮頸部の形を整える「子宮頸管縫縮術」が必要になることもあります。

子宮頸がんの「単純子宮全摘出術」

いわゆる「子宮の全摘手術」です。子宮筋腫の手術としても広く行なわれている手術で、後遺症が少ないメリットがあります。

子宮膣部から子宮体部まで、子宮全体を摘出しますが、卵巣や卵管などは残すことが可能です。必要に応じてリンパ節も郭清します。

単純子宮全摘出手術が行なわれる時期

一般的には、脈管侵襲(がんが血管やリンパ管に広がっている状態)のリスクが少ない、0期〜TA期までの早期のステージで行なわれます。

単純子宮全摘出手術の内容

膣から子宮を摘出する「腟式単純子宮全摘出術」と、開腹して行なう「腹式単純子宮全摘出術」の2種類があります。

また最近は、お腹に穴をあけて、そこから内視鏡や手術器具を入れて子宮やリンパ節の切除を行ない、切除した子宮を膣から取り出す「腹腔鏡下手術」も始まっています。

手術後の後遺症

単純子宮全摘出手術では、卵巣は温存できますので、ホルモンバランスの乱れなどの後遺症は基本的にありません。切除範囲も狭いため、排尿障害や排便障害などもほとんど残らないとされています。

ただしリンパ節郭清をした場合は、下半身がむくむ「リンパ浮腫」という後遺症が残る可能性があります。また開腹手術をした場合は、腸が癒着を起こすこともあるため、入院期間中は慎重に経過観察が行なわれます。

子宮頸がんの「準広汎子宮全摘出手術」

単純子宮全摘出手術と、広汎子宮全摘出手術のちょうど中間に位置する手術です。子宮全体に加えて膣壁も少し広めに切除するほか、必要に応じてリンパ節も郭清します。

準広汎子宮全摘出手術が行なわれる時期

ステージとしては、T期を中心に行なわれる手術です。広汎子宮全摘出手術を行なうほどではないけれども、単純子宮全摘出手術よりも少し広めに病巣を切除する必要がある場合に選択されます。

準広汎子宮全摘出手術の内容

開腹手術が基本ですが、最近は腹腔鏡下手術も始まっています。単純子宮全摘出手術の内容に加えて、膣壁を1.5〜2センチほど余分に切除することで、がん細胞の取り残しを防ぎます。

手術後の後遺症

基本的には、単純子宮全摘出手術と大きな違いはありません。リンパ節郭清をした場合のリンパ浮腫や、腸の癒着などは起こり得ますが、排尿障害などは少ないとされています。

子宮頸がんの「広汎子宮全摘出手術」

子宮に加え、膣の一部や、卵巣・卵管などの付属器も一緒に切除する大がかりな手術です(ただし場合によっては卵巣を残せることもあります)。

さらに、転移の疑われるリンパ節も一緒に郭清します。子宮頸がんの手術の中では、もっとも後遺症の残りやすい術式です。

広汎子宮全摘出手術が行なわれる時期

主にステージTB期〜U期を中心に行なわれますが、確実な治療を目指す目的で、より早期のステージであっても行なう場合があります。特に脈管侵襲が疑われる場合は、高確率で選択される術式です。

広汎子宮全摘出手術の内容

開腹手術となります。子宮と周辺組織を広めに切除し、多くの場合は転移の疑われる骨盤内のリンパ節も一緒に郭清します。

手術後の後遺症

広汎子宮全摘出手術で起こり得る後遺症は複数あります。リンパ浮腫や腸の癒着のほか、卵巣を摘出した場合は女性ホルモンが分泌されなくなるため、更年期障害のような症状が出るようになります。

また骨盤内を広く切除しますので、排便や排尿に関わる神経を傷つけてしまうことがあり、その場合は排便障害や排尿障害が残ることも少なくありません。

これらの後遺症を避けるために、最近では骨盤内の神経をできるかぎり温存する方向で手術が行なわれています。

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ