子宮頸がんの治療法【目次】

子宮頸がんのステージ別治療法

子宮頸がんの治療法は、ステージ(病期)によって異なります。

子宮頸がんのステージは、発見された時の状態によって0〜W期までに分かれ、さらにその中でもTA1期、TA2期というように細かく分類されます。

それぞれ腫瘍のサイズや、周りへの広がりなどが違いますので、個々に応じた治療法を選択する必要があるのです。

それぞれのステージでどのような治療法が行なわれるかについて、詳しく解説していきます。

続きを読む

子宮頸がん4つの切除術の効果と後遺症

子宮頸がんの治療の中でも、もっとも完治が期待できるのは手術です。子宮頸がんの場合、U期までに発見できた場合は、積極的に手術を行なうことが検討されます。

ここでは、子宮頸がんで行なわれる4つの切除術について、それぞれの効果や後遺症などをまとめました。

続きを読む

子宮頸がんの手術(膣式・腹式・腹腔鏡)

子宮頸部は下腹部にありますので、子宮頸がんの手術は、基本的には腹式手術(開腹手術)になります。

しかし、ごく早期の子宮頸がんで行なわれる「円錐切除術」など、一部の手術は膣式に行なうことが可能です。この場合は開腹の必要がありませんので、患者さんの体力的な負担も少なく済みます。

子宮頸がんにおける、膣式・腹式・腹腔鏡の手術のそれぞれの特徴についてご紹介していきましょう。

続きを読む

子宮頸がんのリンパ節郭清

子宮頸がんが進行すると、近くのリンパ節に転移することがあります。リンパ節に転移したがん細胞は、そこからリンパ管を通して全身のあちこちに運ばれてしまいますので、転移したリンパ節は切除(郭清)が必要です。

子宮頸がんではどの部位のリンパ節郭清が行なわれるのか、またどんな場合に必要になるのかなどについて詳しく解説していきます。

続きを読む

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ