子宮頸がんの予防接種まとめ

子宮頸がんは、予防接種のある珍しいがんです。子宮頸がんの原因は生活習慣ではなく、HPV(ヒトパピローマウイルス)への感染ですので、ウイルスに感染する前にワクチンを打つことで予防効果が期待できます。

日本では現在、「サーバリックス」と「ガーダシル」という2種類のワクチンが認可を受けており、全国の医療機関で、主に中高生の少女を対象に接種が行なわれています。

しかし接種が始まって以降、一部の少女に重篤な副反応と思われる症状が出たことから、現在は積極的な接種が推奨されなくなりました。

子宮頸がんの予防接種についての情報を、分かりやすくまとめましたので、受けるかどうかの判断に迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

子宮頸がんの予防接種の種類

現在、日本で接種を受けられる子宮頸がんの予防ワクチンは、以下の2種類です。

2価ワクチン(商品名:サーバリックス)

HPVの中でも、特に子宮頸がんの原因となる「16型」と「18型」の感染を予防するワクチンです。初回接種の1か月後に2回目、6か月後に3回目の接種を行ないます(計3回)。注射する部位は、肩の筋肉(三角筋)です。

4価ワクチン(商品名:ガーダシル)

サーバリックスより新しいワクチンで、「16型」と「18型」に加え、尖圭コンジローマの原因になる「6型」と「11型」のHPVも予防します。

世界的には、ガーダシルのほうが「8:2」で、サーバリックスよりも高いシェアを誇っています。

初回接種の2ヵ月後と6ヶ月後の追加接種が必要ですので、こちらも接種回数は計3回です。注射部位は、肩もしくは大腿部になります。

どちらのワクチンにも子宮頸がんの予防効果はありますが、ガーダシルのほうが他の病気も予防できるため、お得といえるかもしれません。

実際、オーストラリアでは12〜17歳の女児の約7割がガーダシルの接種を受けており、その結果、21歳未満の女性の尖圭コンジローマが96.6%も減少したと報告されています。

ただし接種後の抗体価が高いのは、サーバリックスとされています。つまり予防できるHPVは限られているけれども、そのぶん体内で作られる抗体の量が多く、効果も持続しやすいということです。

どちらを選ぶかは、それぞれの判断によりますが、医療機関によっては片方のワクチンしか扱っていないこともあります。事前に調べてから受診しましょう。

子宮頸がんの予防接種の対象年齢と費用

子宮頸がんの予防接種の対象年齢は、添付文書によるとサーバリックスが10歳以上、ガーダシルが9歳以上です。

ただし日本では、「中学1年生になる年度」に受けることが推奨されています。自治体にもよりますが、多くの市町村では「小6および中1〜高1」までの間を定期接種としており、この間に受けた場合の費用は無料です。

定期接種の期間を過ぎると、費用は全額自己負担となります。子宮頸がん予防ワクチンの料金は高く、医療機関によって差はあるものの、1回の接種で15,000円以上かかることが一般的です。

3回受けるとなると、50,000円近くかかりますので、接種を考えている場合はなるべく定期接種の年齢の間に受けることをおすすめします。

ちなみに子宮頸がん予防ワクチンは、20歳以上の女性でも受けることは可能です。ただし、ワクチンに含まれる型のHPVに既に感染している場合は、効果がありません。

性交渉のまだない女性、もしくはHPV検査で陰性だった女性には、成人であってもワクチンの効果が期待できます。

子宮頸がんの予防接種の副反応(副作用)

子宮頸がんに限らず、どのようなワクチンであっても副反応のリスクはあります。

もっとも多いのは、注射した部位の痛みや腫れですが、ごくまれに「アナフィラキシーショック」や「ギラン・バレー症候群」、「急性散在性脳脊髄炎」などの重篤な副反応が出ることもあります。

実際、子宮頸がんの予防接種を受けた少女のごく一部に、手足のしびれや歩行困難、記憶障害などの重篤な後遺症が報告されています。

子宮頸がん予防ワクチンとの因果関係が否定できない、重篤な症状の例
病名 主な症状 報告頻度(2013年3月まで)
アナフィラキシーショック 呼吸困難・じんましんなどの重いアレルギー症状 約96万接種に1回
ギラン・バレー症候群 四肢に力が入らなくなる末梢神経の病気 約430万接種に1回
急性散在性脳脊髄炎(ADEM) 頭痛や嘔吐、意識の低下などが起こる脳神経の病気 約430万接種に1回
所疼痛症候群(CRPS) 外傷などをきっかけとする、慢性的な痛みが起こる原因不明の病気 約860万接種に1回

※厚生労働省ホームページ「子宮頸がん予防ワクチンQ&A」より

ただし、子宮頸がん予防ワクチンに限らないのですが、ワクチンと症状の因果関係をはっきりと証明するのは難しいのが現状です。

同じような症状の出た人が一定数いれば、因果関係もつかみやすくなるのですが、そうではない場合、正確に関係性を突き止めることは非常に困難となります。

表からも分かるように、子宮頸がん予防ワクチンにおける重篤な副反応の報告頻度は非常に低く、定期接種の実施を取りやめにするほどのリスクは確認されていません。

むしろWHOや諸外国からは、はっきりとした因果関係もないのに接種の呼びかけを自粛する日本の動きに対して、非難が集中しているほどです。

ワクチンや薬で重篤な副作用が出る確率は、きわめて低いのですが、出た人にとっては100%ということになりますので、非常に難しい問題だといえます。

子宮頸がんワクチンについては、各家庭でよく情報を集めながら話し合いの上、受けるかどうかを判断しましょう。

子宮頸がんの予防接種まとめ

子宮頸がん予防ワクチンの情報を、種類別にまとめました。

子宮頸がん予防ワクチンの情報
サーバリックス ガーダシル
予防できるHPVの型 16型・18型 6型・11型・16型・18型
予防できる病気 子宮頸がん、子宮頸がんの前がん病変 子宮頸がん、子宮頸がんの前がん病変、尖圭コンジローマ、外陰上皮内腫瘍、膣上皮内腫瘍
効果の持続期間 初回接種から最長9.4年までの効果持続を確認 初回接種から最低6年間の効果持続を確認
標準的なスケジュール 初回から1か月後に2回目、初回から6か月後に3回目 初回から2か月後に2回目、初回から6か月後に3回目
起こり得る副反応 50%以上…注射部位の痛み・発赤・腫れ、疲労感 50%以上…注射部位の痛み
10〜50%未満…腹痛、筋肉や関節の痛み、頭痛など 10〜50%未満…注射部位の腫れ、紅斑注
1〜10%未満…じんましん、めまい、発熱など 1〜10%未満…射部位のかゆみや出血、不快感、頭痛、発熱
1%未満…注射部位の知覚異常、しびれ、全身の脱力 1%未満…注射部位の硬結、手足の痛み、筋肉のこわばり、腹痛や下痢
頻度不明…手足の痛み、失神、リンパ節の炎症など 頻度不明…疲労や倦怠感、失神、筋肉や関節の痛み、嘔吐など

※「よくわかる最新医学 子宮頸がん」(小田瑞恵著・主婦の友社)参照

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ