子宮頸がんのセンチネルリンパ節生検

がんが進行すると、近くにある「リンパ節」に転移することがあります。リンパ節とは、リンパ液が通るリンパ管の中にある、ソラマメのような部位です。

がん細胞がリンパ節に転移すると、そこからリンパ管を通って全身に運ばれてしまうため、遠隔転移のきっかけとなります。

骨盤内にも多くのリンパ節がありますので、子宮頸がんが進行するとリンパ節転移を起こしやすくなります。

がん細胞が転移したリンパ節は、手術で切除する必要があるのですが、それを判断するために行なわれる検査が「センチネルリンパ節生検」です。

この検査の結果に応じて、リンパ節を郭清するかどうかを判断します。

がん細胞がリンパ節転移すると、遠隔転移につながる!

私たちの全身には、血管のほかに「リンパ管」という管も通っています。

血管は、血液を通して身体の隅々にまで栄養や酸素を運ぶ上水道のようなものですが、リンパ管は細胞からしみ出した老廃物を運ぶための、いわば下水道のような存在です。リンパ管の中には、リンパ液が通っています。

リンパには、不要物を運搬するだけではなく、もう一つ重要な働きがあります。それは「異物の排除」です。

血液中には、白血球や好中球などの免疫細胞が流れていますが、そのうち「リンパ球」という免疫細胞は、血管からリンパ管へと入ります。そして全身のリンパ節を見回って、異物がないかどうかをパトロールするのです。

もしもリンパにウイルスや細菌が侵入すると、いったんリンパ節でせき止めておいて、そこでリンパ球が異物を攻撃します。

つまりリンパ節で異物をやっつけることで、それ以上遠くまで行かないようにしているため、リンパ節は「リンパ管の関所」ともいえる存在です。

がん細胞も体にとっては異物ですから、もちろんリンパに入った時点で、リンパ節に集められて攻撃されます。

しかしそれでもがん細胞が死滅しなかった場合、リンパ節でがん細胞が増殖してしまいます。これが「リンパ節転移」という状態です。

1つのリンパ節に転移すると、そのままリンパの流れに乗ってどんどん全身にがん細胞が運ばれてしまい、遠隔転移することになります。これを「リンパ行性転移」といいます。

がんがリンパ節転移した場合は、リンパ節の切除が必要

リンパも血管と同様、全身に張り巡らされていますので、どこの臓器のがんであってもリンパ節転移の可能性はあります。もちろん子宮頸がんも同じです。

子宮頸がんが転移しやすいリンパ節としては、「総腸骨リンパ節」や「外腸骨リンパ節」「内腸骨リンパ節」「仙骨リンパ節」などがあります。

いずれも骨盤内を通るリンパ節です。また場合によっては、「腹部大動脈周囲リンパ節」(傍大動脈リンパ節)という、腹部の主要な血管の周りにあるリンパ節に転移することもあります。

がんがリンパ節転移している場合は、それ以上広がらないよう、手術の際に転移の疑われるリンパ節を切除することが一般的です。これを「リンパ節郭清(かくせい)」といいます。

ただしリンパ節郭清を行なうと、後遺症が残る可能性があります。もっとも代表的なのは、「リンパ浮腫」と呼ばれるむくみです。

これは、リンパ節を郭清することで、リンパ液の行き場所がなくなってしまうために起こります。

子宮頸がんの手術でリンパ節郭清をした場合は、主に下半身のむくみがみられやすくなります。

リンパ節郭清の必要性を判断するための「センチネルリンパ節生検」

このように、リンパ節郭清には後遺症というデメリットがあるため、本当に必要かどうかを正しく判断することが大切です。そのために行なわれている検査に、「センチネルリンパ節生検」があります。

センチネルとは、英語で「見張り」という意味です。がんの世界では、腫瘍のある部位から、がん細胞が最初にたどり着くリンパ節のことを「センチネルリンパ節」といいます。

まずはここが見張り役となって、がん細胞が全身に広がらないようにするためです。

そこでがんの治療では、病巣を摘出する手術の際にセンチネルリンパ節を切除して、その場で転移があるかどうかを素早く調べる「センチネルリンパ節生検」を行なうことがあります。

その結果、センチネルリンパ節にがん細胞が入っていれば、既にリンパ節転移している可能性が高いため、その先のリンパ節も郭清するとともに、術後の放射線療法や化学療法なども考慮されます。

逆に、もしセンチネルリンパ節にがん細胞が入っていなければ、その先のリンパ節にも転移していないと考えられるため、それで手術は終了です。

患者さんが不必要な後遺症に苦しまないためにも、センチネルリンパ節生検はとても有効な検査だと考えられています。

子宮頸がんの「センチネルリンパ節生検」

もともとセンチネルリンパ節生検は、乳がんの手術でよく行なわれていましたが、子宮頸がんではそれほど一般的ではありませんでした。センチネルリンパ節生検の有効性は、部位によっても異なります。

たとえば乳がんでは精度が高いことが分かっているのですが、リンパ節の数が多い部分や、リンパの流れが複雑になっている部位などでは、センチネルリンパ節を見つけ出すこと自体が難しいなど、必ずしも有効ではないこともあるのです。

子宮も、これまでは積極的にセンチネルリンパ節生検が行なわれる部位ではなかったのですが、早期がんの場合はリンパ節転移のリスクがごく低いにもかかわらず、郭清によって足や外陰部などのむくみが出てしまうことが問題とされてきました。

また近年の研究の結果、乳がん以外のがんでもセンチネルリンパ節生検が有効であることが分かってきたため、積極的に行なう病院が増えてきています。

子宮頸がんにおけるセンチネルリンパ節生検は、まだ標準治療とはなっていませんが、不要なリンパ節郭清を減らし、後遺症を防ぐ効果があるとして期待が高まっている検査なのです。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ