子宮頸がんの代表的な自覚症状

子宮頸がんも他の多くのがんと同じく、初期症状はほとんどありません。かなり進行するまで無症状ということも少なくありませんので、子宮頸がんを早期発見するためには、定期的にがん検診を受けることが大切です。

しかし子宮頸がんも進行するにつれて、さまざまな自覚症状が現れてきます。たとえば不正出血やおりものの異常、下腹部痛などが代表的です。

その頃にはすでに、がんがだいぶ広がっている可能性もありますので、早急に病院を受診する必要があります。

ここでは、子宮頸がんの代表的な自覚症状についてまとめてみました。

子宮頸がんの症状−不正出血

子宮頸がんの自覚症状の中でも、もっとも代表的なものは不正出血です。子宮頸がんにかかった女性の多くにみられる症状といわれています。

特に一番多いタイミングは、性交時や性交後です。

がんは、どんどん広がるために自ら新しい血管を作るのですが(血管新生)、正常な組織と違って腫瘍の表面がもろいため、ちょっとした刺激で簡単に出血してしまいます。

子宮頸部は、性交によって刺激を受けやすい部位ですので、どうしても性交時に出血しやすくなるのです。

ちなみに不正出血は、人によっては比較的早期の段階でみられることもあります。

子宮膣部びらんなど、他の原因で起こることもありますが、子宮頸がんの可能性を排除するためにも念のため婦人科で検査を受けるようにしましょう。

子宮頸がんの症状−おりものの異常

おりものは、子宮や卵巣の状態を示す大切なバロメーターです。子宮頸がんにかかった場合、高確率で何らかの異常が出るようになります。

特に多いのは、以下のような変化です。

おりものの量が増える

子宮頸がんになると、おりものの量が増加する人が多くみられます。おりものの質は、水っぽい人もいれば、粘り気のある人もいます。

おりものの匂いが強くなる

子宮頸がんが進行すると、子宮頸部の細胞がもろくなって壊死しやすくするため、おりものにそれらが混ざって強い悪臭を放つようになります。

月経直後にも似たような匂いがすることがありますが、月経サイクルに関わらず続く場合は、一度受診しましょう。

茶褐色のおりものが増える

腫瘍は出血しやすいため、おりものにも血が混ざることが増えます。茶褐色のおりものが続く場合も、検査を受けたほうが安心です。

子宮頸がんの症状−下腹部痛や腰痛

子宮頸がんが進行して、腫瘍サイズが大きくなってくると、周辺の神経を圧迫することで痛みが出てくるようになります。特に下腹部痛や腰痛、骨盤や背中の痛みなどが代表的です。

下腹部痛は、生理痛に似ていることが多いのですが、人によっては陣痛に近い激痛が起こることもあります。また腰痛や背部痛の場合、整形外科の病気と間違えやすいため注意が必要です。

女性で、お腹や腰まわりの痛みが続く場合は、内科や整形外科だけではなく、必ず婦人科にもかかるようにしましょう。

子宮頸がんの症状−血尿や排尿障害

体を横から見ると、子宮の前側には膀胱があります。子宮頸がんが進行して膀胱に広がると、排尿障害につながります。

血尿や頻尿、排尿痛、尿が流れにくくなる尿路閉塞などが代表的です。これらのような症状が出る頃には、子宮頸がんはかなり進行した状態だといえます。

子宮頸がんの症状−血便や腸閉塞

体を横から見ると、子宮の後ろ側には直腸がありますので、ここも子宮頸がんが浸潤しやすい部位です。

直腸にがんが広がると、大腸がん(直腸がん)と似たような症状が出るようになります。血便や、下痢・便秘の繰り返し、便が細くなるなどの症状が代表的です。

また、腫瘍によって便の通り道が塞がれてしまうと、「腸閉塞(イレウス)」という状態になり、最悪の場合は命に関わることもあります。

子宮頸がんの病期としては、末期に近い症状ではありますが、このような消化器症状が出る可能性もあるということです。

子宮頸がんは、症状が出る前に定期検診で早期発見しよう!

子宮頸がんの代表的な自覚症状としては、上記のようなものが挙げられますが、いずれもある程度進行してから現れることが一般的です。

ですから症状が出てからようやく受診するのではなく、症状のないうちから定期的に子宮頸がん検診を受けることが、早期発見につながります。

子宮頸がんは進行が比較的ゆるやかながんです。個人差もありますが、HPV感染から異形成、そしてがん化に至るまでに数年〜10年かかることが普通ですので、がんが進行する前に発見できるチャンスはたくさんあります。

しかも子宮頸がんには、精度の高い「細胞診」という検査法が確立されているため、がんの中でも早期発見しやすい点がメリットです。

それにも関わらず、日本女性の子宮頸がん受診率は非常に低く、平均して30〜40%となっています(他の先進国では80%以上)。特に20代女性の受診率は低く、20%程度にとどまっているのが現状です。

命はもちろん、将来赤ちゃんを育む大切な子宮を失わないためにも、性交渉の経験のある女性は、20歳以上になったら必ず子宮頸がん検診を受けるようにしましょう。

その上で気になる自覚症状があれば、その都度、婦人科を受診するようにすれば安心です。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

スポンサーリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ