子宮がんの初期症状

子宮がんのガイド

子宮がん初期症状について解説しています!

子宮がんの早期発見には初期症状を見逃さないことが、大変大切なことだと言われています。

しかしながら、子宮がんは初期段階においては痛みや身体の著しい不調などがなく、無症状であることが多いとされています。

このことが、子宮がんは自覚症状を基にした発見が非常に難しいと言われる理由となっているのです。

このように、初期症状がほとんど見られないとされる子宮がんですが、小さな変化や症状はもちろんあります。

但し、それらの症状は見逃しやすく、また誤認しやすいものでもありますので、日頃から自分自身の身体の出すサインを見逃さない注意深さと、自分の体調の変化に対する観察力が必要となってきます。

また、子宮頸がんと子宮体がんでは、初期症状に細かな差があります。ここでは、子宮頸がんと子宮体がん、それぞれの初期症状についてご説明していきましょう。

子宮頸がんの初期症状

子宮頸がんは、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。

不正出血や性交時の痛みなどもないと言ってよく、おりものの変化も非常に分かりづらいものとなっています。

おりものに非常に微量の糸を引いたような出血がある、排尿後に使用したトイレットペーパーがほんのわずかに色づくなど、身体の異常に結びつける事が出来ないほど小さなサインがあることもありますが、ほとんどの方が見逃してしまうほど小さなものとなっています。

子宮頸がんが進行すると、性交後に出血したり、激痛を感じるようになるといったことがありますので、こういった症状が少しでも出た場合には、子宮頸がんを疑ってみることをおすすめします。

子宮体がんの初期症状

子宮体がんの初期症状には、不正出血があります。

子宮体がんの場合は、子宮頸がんと異なり初期段階から月経以外の不正出血が起こりますので、日頃からしっかりと注意しておきましょう。

特に、閉経後の不正出血は子宮体がんのサインとしてとても大きなものですので、量の多い少ないに関わらず、速やかに専門医に相談するようにしましょう。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ