子宮がんの再発・転移

子宮がんの治療後

子宮がんの再発・転移

子宮がんのガイド

子宮がん再発・転移について解説しています!

 がんという病気が恐ろしい理由は、なんといっても転移再発というリスクが治療後にも付きまとうという点にあると言ってよいでしょう。

がんの再発と転移について整理をすると以下の通りになります。

  • がんの再発:外科手術・放射線療法・化学療法などによってがんを消滅させたにもかかわらず、再度がんが発生すること
  • がんの転移:がんが最初に出来た部分から離れた臓器に発生すること

以上のようにがんの再発・転移、いずれもがんに罹患した患者の方にとって治療後も大きな不安要因として心悩ませるものとなっています。

では、子宮がんの再発・転移にはどのような特徴があるのでしょうか? ここでは、転移や再発が起きやすい場所や症状についてご説明したいと思います(^^)

子宮がんが再発・転移しやすい部分

 子宮がんでは、初回治療でどのよう手術を行ったのか、温存した部分があるのかどうかによって、再発・転移が起こりやすい部分というものがあります。

子宮頸がんの場合は骨盤内の局所再発が特に起こりやすく、子宮に近い膀胱や直腸、骨盤内のリンパ節などに転移が出やすいと言われています。

また、遠隔転移しやすい臓器としては、肺や肝臓、大動脈リンパ節、脳といったものがあります。

子宮体がんの場合は、治療の際に全摘手術が選択されるケースが多いため、再発は少なく、骨盤外への転移が多く見られるという特徴があります。

子宮がんの再発・転移の際に見られる症状

 子宮がんの再発・転移で多く見られる症状は、不正出血おりものの異常といった子宮がんで見られる代表的な症状です。

また、骨盤内でがんの再発が進んだ場合は血尿血便が見られるようになります。

但し、放射線治療を行っている場合は副作用の可能性がありますので、精密検査を行い再発や転移が起きているかどうかを、しっかりと確認する必要があります。

更に、遠隔転移が進んだ場合には、転移した臓器ごとに症状が異なってきます。

例えば、骨に転移した場合には、神経が圧迫され下肢にしびれや痛みが起きますし、肺に転移した場合は、風邪をひいている訳でもないのに長期間咳が続くといった症状が出るケースがあります。

がんの再発・転移の可能性は誰にでも存在し、完全に消し去ることは出来ません。

いずれにしても、がんの再発・転移を早期発見し、適切な治療を行うためには、定期検診や自己管理が重要となることを忘れないよう心掛けましょう。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ