子宮がんの放射線療法

子宮がんの治療法

子宮がんの放射線療法

子宮がんのガイド

子宮がん放射線療法について解説しています!

 子宮がんの放射線治療は、近年日本でも広く行われるようになりつつあり、外科手術の前後や末期がんの治療として行われるだけでなく、単体もしくは抗がん剤と併用して採用されることも増えてきています。

但し、子宮がんの放射線治療の場合、子宮頸がんと子宮体がんで治療方法や効果が異なってきます。

ここでは子宮頸がんと子宮体がん、それぞれの放射線治療の概要についてご説明したいと思います(^^)

子宮頸がんの放射線治療

 子宮頸がんの放射線治療は、この数年、日本でも数多く行われるようになってきました。

子宮頸がん、特に扁平上皮がんに対する放射線治療の効果は高く、最近では手術と同等の治療成果が得られるようになってきました。

子宮頸がんの放射線治療には、身体の外から病巣に放射線を照射する「外部照射」と、放射線の線源を膣から子宮内に挿入し、直接病巣に放射線を照射する「膣内照射」があります。

子宮頸がんの治療においては、この2つの照射方法を組み合わせ、1ヶ月から2ヶ月の時間をかけて照射を行います。

また、近年、子宮頸がんに対しては放射線の照射と抗がん剤「シスプラチン」を併用することで放射線治療効果が増強されることが判明し、多くの医療機関でこの治療法が採用されつつあります。

子宮体がんの放射線治療

 子宮体がんの場合、第一に選択される治療方法は、子宮の全摘手術を始めとした外科手術となっています。

これは、子宮体がんは放射線感受性が低く、放射線治療を行っても子宮頸がんほどの高い治療効果が期待できないという理由があります。

そのため、子宮体がんにおいて放射線治療が選択されるのは、末期状態や合併症を発症しているといった理由から手術が不能であった場合などとなっています。

また、子宮体がんの外科手術後にリンパ節転移が認められた場合や、がんが深く浸潤している場合、子宮の周囲へ転移が確認された場合などに、放射線治療が追加・継続されるケースも少なくありません。

いずれにしても、子宮体がんにおいては放射線治療が単独で行われることは、殆どないといえるでしょう。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ