子宮がんの種類

子宮がんの基礎知識

子宮がんの種類

子宮がんのガイド

子宮がん種類について解説しています!

子宮頸がんと子宮体がん 子宮は解剖学的に、子宮の出口にあたる子宮頸部と、子宮の袋部分にあたる子宮体部に分けられるとされています。

子宮がんは、子宮にできる上皮性悪性腫瘍のことを指しますが、発生する部分によって「子宮頸がん」と「子宮体がん」に分けられます。

この子宮頸がんと子宮体がんは、同じ子宮という器官にできるがんですが、その原因や発生率、治療法は異なるものとなっています。

ここでは、子宮頸がん・子宮体がんの特徴や発生率などに関わる事柄をご紹介していきたいと思います(^^)

子宮頸がん

 子宮頸がんは、子宮の出口にあたる子宮頸部に発生するがんで、子宮がん全体の約8割を占めます。

子宮頸がんは、子宮がん検診の普及によって早期発見・早期治療が進んでおり、近年減少傾向にあります。

また、上皮内がん(0期)といった、ごく早期のがんが主体となっており、子宮機能を保全しての治療も可能なケースが多くなっています。

子宮頸がんの発症は20代から急激に増加する傾向にあり、若い妊娠の可能性を有する世代に深刻な影響を与えているという点が問題視されています。

また、子宮頸がんの「ヒトパピローマウィルス」というウィルスの感染によって引き起こされることが、最近の研究で明らかになってきました。

このヒトパピローマウィルスは性行為によって感染し、それ以外の経路で体内に入る可能性はほとんどないとされています。

子宮体がん

 子宮体がんは、子供を宿す子宮体部に発生するがんで、子宮がんに占める割合は2割前後です。

長年、日本人女性は欧米人に比べ子宮体がんの罹患率が低いとされていましたが、近年子宮体がんの発症率は増加傾向にあることが問題視されています。

また、子宮体がんは早期発見が難しく、治療が比較的容易な上皮がんの状態で見つかることは稀だと言われています。

子宮体がんの発見が最も多い年代は50-60代とされており、閉経前後に発症率が著しく上昇することが分かっています。

また、子宮体がんの発症にはホルモン環境が大きな影響を与えているとされ、未婚・未妊、ホルモン剤の服用などがその因子として考えられています。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ