子宮頸がんの細胞診

子宮がんの検査・診断

子宮頸がんの細胞診

子宮がんのガイド

子宮頸がん細胞診について解説しています!

 子宮頸がんの細胞診は、子宮頸がん検診では必ず行われる、大変重要度の高い検査となっています。

細胞診は、問診・内診、視診の後に行われるものとなっていて、自治体の集団検診といった公的な検診の場合は無料〜2000円程度、私的に検査を行う場合は5000円〜8000円程度で検査を受けることが可能です。

子宮頸がん検診で行う細胞診は、その名の通り子宮頸部の細胞を採取し、細胞に異常が生じていないかを観察・診断するものとなっています。

細胞診では、膣に「クスコ」と呼ばれる膣鏡を挿入し、専用のブラシや綿棒で子宮頸部の細胞を丁寧にこすり取ります。

この細胞の採取に必要な時間は2〜3分程度となっており、心身にかかる負担も軽微ですので、安心して検査を受けることが出来ます。

細胞診の検査結果は、一般的にクラスIからVまでに分類するという判定が用いられています。

クラス 判定 精密検査
I 陰性
U 良性の陰性
V 悪性の疑いがあるが、がんと断定はできない擬陽性
IV がんと想定される陽性
V がんと想定される陽性

このうち、クラスTは「陰性」クラスUは「良性の陰性」とされ、再検査や精密検査の必要がなく正常と判断されます。

しかし、クラスV以上になると「再検査が必要な異常が認められた」という診断結果となります。

まずクラスVは「悪性の疑いがあるが、がんと断定はできない擬陽性」を指します。

クラスVは、さらに「Va:悪性を疑い軽度・中等度異形成がされる想定」と「Vb:悪性がかなり疑われ、高度異形成が想定される」に分けられています。

但し、細胞診の診断によってクラスVと判断されても、あくまで「擬陽性」ですので、再検査の結果、問題なしとされるケースも少なくありません。

また、クラスIV・Vは「がんと想定される陽性」となっており、早急に専門医による再検査を受け、症状や細胞の状態を詳細に検査する必要があります。

ここで気を付けたいのが、細胞診の「クラス」は、がんの進行度を示す「ステージ」とは全く別のものだということです。

細胞診のクラスは、がんの可能性を示すものに過ぎず「本当にがんがあるのかどうか」「がんが発生しているとすればどこまで進行しているか」といったことは、精密検査を受けて初めて分かるものとなっています。

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ