子宮がんの検査・診断方法

子宮がんの検査・診断

子宮がんの検査・診断方法

子宮がんのガイド

子宮がん検査・診断方法について解説しています!

 子宮がんは、がんの発生する場所によって「子宮頸がん」「子宮体がん」に大別されますが、発症の原因や対処法が異なるため、検査・診断方法も異なってきます。

ここでは、子宮頸がん・子宮体がん、それぞれの検査法と診断方法についてご紹介していきましょう。

子宮頸がんの検査・診断方法

 子宮頸がんの検査で行われるものには、以下のようなものがあります。

  • 細胞診
  • コルポスコープ診(コルポ診)
  • 組織診
  • 超音波(エコー)検査
  • CT、MRI検査

 一般的な子宮がん検診の場合は、問診・内診・視診に加え、上記の細胞診が行われます。

細胞診以外の検査は、細胞診で異常が見られた場合などに行われる再検査・精密検査だと考えて良いでしょう。

また、子宮頸がんは子宮頸部にがんが発生するため、検査の初期段階で子宮体部や子宮内膜まで調べるといったケースは少なくなっています。

子宮体がんの検査・診断方法

 子宮体がんは、子宮頸がんと異なり子宮の体部、つまり子宮の内側から発生して広がっていくため、子宮頸がんの検査方法では発見できません。子宮がんの検査は、子宮体部の内膜から組織を採取して行います。

子宮内膜の組織の採取方法は、専用の器具を子宮体部に挿入し、子宮壁を丁寧に削り取るというものとなっています。

使用される器具は、金属製の細い棒の先端に小さなスプーンや爪が付いており、細胞を採取する際に痛み出血が見られます。

この痛みや出血に不安を感じる方も少なくありませんが、検査によるものですので心配はありません。

子宮頸がん・子宮体がん共に、検査の方法や細胞の採取場所が異なりますが、共通して言えることは「細胞診が重要」ということです。

どちらの検査でも細胞を採取し組織診断を行いますが、そこで始めてがん細胞の有無が判断できると考えて良いでしょう。

子宮頸がん検診の場合は、この細胞診が検査項目にあらかじめ入っていますが、子宮体がん検診の場合は、痛みや出血がみられることから「選択制」であるケースが少なくありません。

より精度が高く確実な子宮がん検診を受診したいと考える場合には、細胞診をしっかり受けることをおすすめします。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ