子宮がん検診を受ける最適な間隔

子宮がん検診

子宮がん検診を受ける最適な間隔

子宮がんのガイド

子宮がん検診を受ける最適な間隔についてご解説!

 子宮がん検診は、住民健診や子宮がん検診クーポンの配布といった、自治体などが行う公的検診の場合「2年ごと」と設定されているケースが大半です。

この2年ごとの検診を漏らさずに受けておけば、基本的には問題ないと考えて良いでしょう。

この「2年間隔」という数字には根拠があり、子宮がん検診において細胞診・HPV検診共に陰性だった場合、3年以内に子宮がんを発症する可能性はごくわずかだということが分かっています。

そのため、子宮がん検診も2年ごとで必要十分、と考えられているのです。

しかし、これはあくまで「細胞診・HPV検診共に陰性だった場合」ですので、どちらかの検査結果が陽性だった場合には、毎年子宮がん検診を行うことをお勧めします。

例えば、29歳以下の女性の場合は、子宮頸がんの原因といわれるHPV(ヒトパピローマウイルス)の検査結果が陽性となるケースが非常に多いのですが、その大半は自然に陰性となると言われています。

そのため、毎年HPVの検査を受け経過を見守ることで、子宮頸がんの早期発見が期待できます。

また、30代以上になるとHPVが陰性となる確率が高い反面、細胞診で異常が見られるケースが増えてきますので、毎年検診を受けておくと細胞異常を早期に発見できるというメリットがあります。

特に、40代後半からは子宮体がんのリスクが上昇し、50代で発生率のピークを迎えますので、この期間には毎年検診を受けるのみならず、不正出血など身体の異常を感じた時に、速やかに専門医の診察を受けることが重要になっています。

また、子宮がん検診では一定の確率で「偽陰性」と呼ばれる、不正確な診断結果が出る可能性があります。

「陽性だという検査結果が出たが、精密検査の結果、陰性だった」ということであれば問題ありませんが、その逆だった場合には取り返しがつきません。

そういった問題を回避するためにも、公的な子宮がん検診だけを利用するのではなく、自分自身で自発的に子宮がん検診を受診することをおすすめします。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ