子宮がん検診後の出血

子宮がん検診

子宮がん検診後の出血

子宮がんのガイド

子宮がん子宮がん検診後の出血についてご解説!

 子宮がん検診を受けた後、多くの女性が出血について不安を覚えると言います。

確かに、検査後に出血が見られると身体になにか異常があるのではないか、がんが進行していてそこから出血しているのではないか、といった疑問が膨れ上がってしまいがちです。

しかし、子宮がん検診でみられる出血は、必ずしも異常に即結びつくものではありませんので安心して下さい。

子宮がん検診の出血は子宮頸がん検診、子宮体がん検診、どちらでも見られるものです。

子宮頸がん検診では子宮頸部の表面の細胞を、子宮体がん検診では子宮内膜の細胞を採取して細胞診を行いますが、どちらも専用の器具や綿棒で軽く細胞をこそげ取ることになりますので、出血する可能性があります。

また、子宮頸部の細胞は、専用のヘラや綿棒などで表面を軽くなでるようにして採取しますが、子宮内膜の細胞は専用の器具(ブラシ)を挿入して採取をするため、より出血が起こりやすいというのが実状です。

いずれにしても、子宮がん検診において出血自体は珍しいものではないという訳ですね。

ショーツにうっすらと残る出血や、おりものに血が混じるといった程度の出血であれば、過剰に心配する事はありません。

しかし、子宮がん検後に出血をするリスクが高くなるケースも少なからずあります。

例えば、妊娠初期の初診時に子宮がん検診を行いますが、これは妊娠週数が進むと細胞診時に出血しやすくなるためです。

妊娠の週数が進むと、子宮の入り口周辺が肥大して柔らかくなっていくため、細胞診のような小さな刺激を受けても、周辺が出血しやすくなり、診断も困難となります。

また、細胞診後に出血量が異常に多かった場合や、数日〜数週間出血が止まらないといった場合には、検査を行った子宮頸部や子宮内膜に何かしらの異常が生じている可能性が高いため、検査結果のいかんによらず、医師の診察を受けることをお勧めします。

子宮がん検診後の出血自体は「起こり得るもの」としてとらえ、いたずらに恐れず、落ち着いて自分の身体の状態を観察するとよいでしょう!

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ