子宮がん検診

子宮がん検診

子宮がん検診

子宮がんのガイド

子宮がん子宮がん検診について解説しています!

 子宮がんは近年、子宮頸がん・子宮体がん共に発生年齢が若年化しつつあり、がんへの意識が低いとされる低年齢層でも、子宮がん検診の重要度が上ってきています。

特に、20代といった若い女性の発生率が非常に高まりつつある子宮頸がんに、子宮がん検診は非常に有効とされ、早期発見・早期治療によって進行がんを防ぎ、5年生存率を高める効果があるとされています。

また自覚症状が少なく、身体の異常を感じた時には進行度が高いとされている子宮体がんも、定期的な子宮がん検診を受けることで早期発見に結びつき、初期段階での治療が可能となっています。

このように子宮がんの早期発見に大変重要な子宮がん検診ですが、実際に受診する際には....

  • 「どんな検査がおこなわれるの?」
  • 「どこで受けることが出来るのだろう?」
  • 「検査の流れはどんなもの?」

といった疑問を持つ方も少なくないようですね。

ここでは、そういった疑問を解消するために、子宮がん検診の基本情報について、ご案内しておきたいと思います(^^)

子宮がん検診の対象者、受診間隔

 子宮がん検診の対象者は20歳以上の女性、受診間隔は隔年(2年に1度)が推奨されています。

主な検診内容

 問診、視診、内診、細胞診が主な検診内容ですが、必要に応じてコルポスコープ検査が行われる場合もあります。

コルポスコープ検査とは、膣内をコルポスコープと呼ばれる拡大カメラで撮影する精密検査のことです。

子宮がん検診が受診できる場所

  • 各地方自治体
  • 市区町村役場、保健所
  • 自治体が指定している婦人科

子宮がん検診は、既婚・未婚、勤務先で健康保険に加入しているか否かなどによって、受診する場所が異なってきますので、受診の際に迷った場合は保健所や健康組合へ問い合わせする事をおすすめします。

子宮がん検診の主な流れ

 子宮がん検診は主に「一次検診」「二次検査」「確定診断」の3つに大別されます。

一般的に子宮がん検診というと「一次検診」の事を指しますが、一時検診で異常があった場合は二次検査、二次検査で子宮がんの疑いがあると診断された場合は確定診断、という流れで進んで行きます。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ