子宮がんの月経異常・不正出血

子宮がんの基礎知識

子宮がんの月経異常・不正出血

子宮がんのガイド

子宮がん月経異常・不正出血について解説しています!

 子宮がんは、子宮頸がん・子宮体がんどちらも初期段階での自覚症状が非常に乏しいと言われています。

子宮がんは、早期発見・早期治療が大変重要ながんにも関わらず、初期段階で見つかるのは、住民健診などの検査・検診を受けた時というのがほとんどです。

つまり、子宮にがんの病巣が潜んでいても痛みや体調不良といったサインが自覚しづらく、がんの初期段階で発見するには、自分では身体に異変を感じていない状態で検査を受ける必要がある、という事になります。

それ程までに自覚症状が少ない初期の子宮がんですが、勿論、自覚症状というものが全くないという訳ではありません。

例えば、子宮がんが発生した際に子宮や身体が出すサインとして「月経異常・不正出血」というものがあります。

子宮頸がん・子宮体がん共に初めは無症状ではあるのですが、比較的早い段階で不正出血や月経異常といった症状が自覚されると言われています。

早期の子宮がんの場合、月経の期間や周期が長引く、月経の量が徐々に増えていくといった異常が自覚されやすいのですが、これらの症状は月経不順と症状が似ているため、見過ごされることも少なくありません。

また、子宮頸がん・子宮体がんどちらも不正出血が初期症状としてあらわれるとされていますが、その量は大変少ないことが多く、こちらも身体の異常として認識されるケースは少ないようです。

不正出血といっても、ショーツのクラッチ部分に糸のように残るものから、月経の期間でもないのに生理用ナプキンが必要になるような大量な出血まで、その血液の量や頻度は実に様々です。

そのため、子宮がんのサインとしての不正出血は、具体的にどのような量の血液がどれだけの頻度で見られるかという事が、規定できるものではありません。

これらの事から、子宮がんを初期状態で見つけるには、どんなに軽い不正出血、月経異常であっても軽く考えず、症状があらわれたら速やかに専門医に診てもらうことが大切だと言えるでしょう。

子宮がんのがん保険の必要性

がんといえば男性がかかりやすいイメージがありますが、がん患者数でみると女性は30代で男性の約3.3倍、40代では男性の約2.8倍にもなります。

女性は男性よりも若い世代でがんにかかりやすく、がんになると多額の治療費の負担が大きくなりがちです。

若い世代はほとんどの方が治療費を貯蓄できていませんので、毎日数千円の掛け金で済むがん保険の必要性は高いです。

人気のあるがん保険の1位、2位

スポンサードリンク

がん情報カテゴリページ一覧

スポンサードリンク

ページの一番上へ
サイトのTOPページへ